シーンの奥行きを考慮した景観画像における対話的なオブジェクト再配置

シーンの奥行きを考慮した景観画像における対話的なオブジェクト再配置

概要

本研究では1枚の景観画像を入力とし,そのシーンの遠近に合わせた自然なオブジェクトの再配置を対話的に行えるシステムを提案する.提案システムでは,入力画像を背景とオブジェクトから成るレイヤ構造へ対話的に変換し,ユーザが入力した境界線から画像の奥行き情報を算出することで,再配置の際のオブジェクトサイズや重なり順を遠近に合わせて自動で調整する.また,オブジェクトの影の抽出・合成を行うことで,地面の色相に合うような自然な影の移動を実現する.さらに本システムは,背景ぼかしによるオブジェクト強調や霧の合成,3Dウォークスルーなども行えることを示す.

Abstract

We propose an image editing system for repositioning objects in a single image based on the perspective of the scene. In our system, an input image is transformed into a layer structure that is composed of object layers and a background layer, and then the scene depth is computed from the ground region that is specified by the user using a simple boundary line. The object size and order of overlapping are automatically determined during the reposition based on the scene depth. In addition, our system enables the user to move shadows along with objects naturally by extracting the shadow mattes using only a few user-specified scribbles. Finally, we demonstrate the versatility of our system through applications to depth-of-field effects, fog synthesis and 3D walkthrough in an image.

Video

Publication

  • Satoshi Iizuka, Yuki Endo, Masaki Hirose, Yoshihiro Kanamori, Jun Mitani, Yukio Fukui: "Object Repositioning Based on the Perspective in a Single Image", Computer Graphics Forum, 33, 8, 157-166, 2014.
  • 飯塚里志,遠藤結城,廣瀬真輝,金森由博,三谷純,福井幸男:"シーンの奥行きを考慮した景観画像における対話的なオブジェクト再配置",Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2012, 2012-6.

Grant

  • ICTソリューションアーキテクト育成プログラム(プロジェクト 2012M-3)