リミテッドアニメ風表現のためのモーションタイミング調整法

リミテッドアニメ風表現のためのモーションタイミング調整法

概要

リミテッドアニメーションとは,同じ絵を2 コマあるいは3 コマ連続して用いることによって,毎 秒24 コマのアニメーションを構成する表現手法である.本研究ではモーションキャプチャのデータを入 力とし,このデータからフレームを間引くことで動きのタイミングを制御し,「中無し」と「コマ撮り」の 効果を模倣する.具体的には,動きが特に速いフレームを削除することで中無しのように速さを強調し, 動きの小さいフレームを更新しないことでコマ撮りのように微小な動きを低減する.適用結果の動画によ り,リミテッドアニメ風のモーションタイミング調整が実現できたことを示す.

Abstract

Limited animation is a hand-drawn animation style that holds each drawing for two or three successive frames to make up 24 frames per second. In this paper, we propose a simple method for automatically converting motion capture data to imitate the unique expressions of limited animation. Especially, we focus on the following two features related to motion timing; one is that limited animation does not show subtle motion because it omits almost-static inbetween frames. The other is that it exaggerates motion speeds by omitting inbetweens. The accompanying movie with animating cartoon characters demonstrates that our method can imitate the expressions of limited animation.

Video

Publication

  • Maki Kitamura, Yoshihiro Kanamori, Jun Mitani, Yukio Fukui, Reiji Tsuruno, "Motion Frame Omission for Cartoon-like Effects", IWAIT2014 (International Workshop on Advanced Image Technology2014), in Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT), pp148-152, Bangkok, Thailand, January 2014.(PDF)

  • 北村真紀, 金森由博, 三谷純, 福井幸男, 鶴野玲治, "リミテッドアニメ風表現のためのモーションタイミング調整法", 第153回グラフィクスとCAD研究会, 2013-11.(PDF)